一般歯科

小児・マタニティー歯科

虫歯は放置せず早めの治療を

一般歯科

歯が痛い・しみるといった症状の原因は、多くの場合、虫歯が考えられます。しかし、虫歯は初期の頃はほとんど自覚症状がないので、このような症状が現れた時点でかなり進行している可能性があります。虫歯は自然治癒しない病気です。放置していると最終的には抜歯せざるを得なくなりますので、少しでも歯の異変に気付いたら早めにご来院ください。

虫歯はなぜ起こる?

歯に付着している歯垢(プラーク)には、無数の虫歯菌が棲み付いています。そして、ブラッシングで落としきれなかった歯垢のなかの虫歯菌が、やがて糖分を栄養として酸を出しはじめます。この酸によって歯が溶かされた状態が「虫歯」です。そのため、ブラッシングが正しく行えていない歯や、歯列の乱れなどでブラッシングがしにくい歯などが虫歯になりやすいと言えます。

虫歯の進行と治療方法
進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

京都市南区のヤスダ歯科クリニックでは、削らずに治す新発想の虫歯治療、ドックスベストセメント治療を行っています。ドックスベストセメント治療とは、できるだけ歯を削らず薬によって虫歯を治す画期的な治療法です。アメリカで開発されアメリカ歯科医師会で認可を受けた薬剤、ドックスベストセメントは、鉄イオンと銅イオンのほか天然ミネラル成分からできており、とても体に優しい薬剤です。アレルギー反応も起こりにくいため、お子様からご年配の方まで安心して治療を受けていただけます。また薬剤の殺菌力が半永久的なので、治療後に懸念される虫歯再発防止にも有効です。

◆ドックスベストセメント治療の流れ

STEP1 STEP2 STEP3

虫歯に付いている汚れを高濃度次亜水で洗い流します。

虫歯部分をできるだけ削らず、ドックスベストセメントを塗り、詰め物でふたをします。

詰め物をして1年ほど経つと、虫歯部分が薬剤により無菌になり、治癒します。

◆ドックスベストセメントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • ・歯を削る量が少なく、歯に優しい
  • ・神経を残せる可能性が高い
  • ・歯の寿命が延びる
  • ・治療回数が少ない
  • ・痛みが少ない
  • ・虫歯の再発を防げる
  • ・アレルギーが起こりにくい
  • ・自費治療になる
  • ・強い痛みがある虫歯は治療できない場合がある

◆こんな方におすすめです

1.治療時の痛み、麻酔が苦手な方 痛みが少なく、ほとんど麻酔を使う必要がありません。
2.大切な永久歯が虫歯になってしまったお子様 子どもの歯を長く健やかに保つには、できるだけ歯を削らないことが大切です。
3.忙しくてなかなか歯医者に通えない方 通院回数が2~3回ですみます。
4.神経を残したい方 歯の寿命を延ばしたいなら、神経を残すことが何より大切です。
5.虫歯になった歯の寿命を延ばしたい方 ドックスベストセメント治療なら、詰め物の下が無菌になるので再発の心配がありません。

※他院で神経を取ったほうが良いと言われた方、妊娠中、授乳中の方もぜひご相談ください。

「永続性~longevity~」いつまでも健康な歯を保つために
虫歯が痛くなっても、歯医者に行けば治してもらえると考えてはいませんか? しかし、痛みが進行してから治療に取りかかっても、手遅れになってしまうケースもあるのです。
虫歯は放っておくと最悪の場合、歯を失うことになります。その危険性を未然に防ぐためにも、定期的な歯科医院での検診を受け、早期発見・早期治療を心がけましょう。
ヤスダ歯科クリニックではできるだけ削らない、抜かない治療を目指しています。いつまでも患者様が自分の歯で、楽しくおいしく食事ができるようにサポートすることが私たちの役目です。すなわち「永続性~longevity~」をコンセプトに掲げています。

小児歯科・マタニティー歯科

子どもの歯は、大人と比べると柔らかく、虫歯になりやすいものです。ヤスダ歯科クリニックではそんなお子様の歯を守るべく、乳歯の生え始め~永久歯に生えかわる頃のケアを行っています。また、妊娠中のお母様が健康な口腔内を維持できるためのサポートも実施。
子どもの歯が心配・妊娠中の口腔内トラブルが心配という方はお気軽にご相談ください。

なお当院では、治療を頑張ったお子様にプレゼントもご用意しています。お子様のお口の健康維持には、歯医者を好きになってもらうことがとても大切。親御さんも、治療後はお子様をしっかりと褒めてあげてくださいね。

小児歯科メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

正しいブラッシングは健康な歯を維持するための基本です。お子様の年齢や理解力に合わせて適切なブラッシング方法を指導いたします。親御さんには仕上げ磨きのコツをお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素が歯の表面から取り込まれると歯の結晶の一部となります。そしてフッ素が取り込まれた歯は虫歯菌が排出する酸に強くなります。また、フッ素には歯の再石灰化を促し、エナメル質を補修する働きも。虫歯予防のためにお子様の歯には定期的なフッ素塗布をおすすめしています。

シーラント

シーラント

歯の表面の汚れはブラッシングやデンタルフロスなどでほぼ取り除けますが、歯の溝の汚れは、これらだけではなかなか除去しにくいもの。そこで、その溝をプラスチックで埋めてしまう処置がシーラントです。子どもの歯は特に溝が多く深いため、シーラントが効果的です。

マタニティー歯科について

妊娠中はホルモンバランスの変化やつわりなどの影響で、虫歯・歯周病にかかりやすい状態と言えます。当院では、妊娠中の方を対象とした予防処置に積極的に取り組んでおります。生まれてくる赤ちゃんのためにも、安定期に入ったらぜひ一度口腔内チェックを受けにご来院ください。

妊娠性歯肉炎に注意

妊娠性歯肉炎に注意

妊娠中はつわりの影響でブラッシングがしにくくなったり、複数回に分けて食事をとったりすることで細菌が口腔内に滞留しやすくなります。そのため、妊娠性歯肉炎を引き起こしやすくなるのです。妊娠性歯肉炎は、早産や低体重児出産のリスクを高めます。妊娠中は普段以上に口腔内ケアに気を配るようにしましょう。当院でも、歯石除去などの処置を実施しております。

虫歯菌から赤ちゃんを守る

虫歯菌から赤ちゃんを守る

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しません。虫歯菌はお母さんや同居するご家族の方から感染するのです。赤ちゃんが生まれたら、お箸・スプーン・ストローなどの共有はしないようにしましょう。また、家族全員が未治療歯の治療を済ませ、口腔内の虫歯菌を減らしておくことも大事。家族みんなで意識を変え、虫歯予防に努めましょう。